お国はどちらですか。

言語をお選びください:

電話受付時間:電話受付時間:月~金(中国の祝日を除く)10:30-19:00

お電話番号:
+86-28-6391-6935
ファクス番号:
+86-28-8531-5389
ご住所:
3F, Building 9, Intime city, No.1999, Yizhou Avenue, Tianfu 4th Street ,Hi-tech Zone, Chengdu, China (THIS ADDRESS IS UNAVAILABLE FOR PACKAGE RETURN)
郵便番号:
610094
  • 人気カテゴリ
  • お問合せ
  • 検索

pack up

検索ヘルプ

pack up

メンテナンス ガイド

 

衣装の洗濯&メンテナンス

洗濯

色についての注意事項:

1あなたが自分で洗うことができない場合、プロのランドリーをお選びください。

2白や薄い色の衣装は、服の内側を外にして他の洗濯物と別々に洗ってください。

3フェードや黄色にならないように色が異なる色合いの服を別々に保管してください。

4色褪せしやすい服の場合は、まず服を塩水に約30分浸して、そして、きれいな水で洗って、後は通常の方法で再度洗ってもいいです。この方法は黒と赤の服には特に効果的です。

      

生地についての注意事項:

1 シフォン:シフォンが破られやすいですから一生懸命に引っ張らないてください。洗濯と使用の時も気をつけたほうがいいです。

2綿の衣装は色褪せないように強い日に長く照りつけないてください。繊維の縮小で衣装が変形したり小さくなったりしないように、乾燥機で乾燥しないほうがいいです。

綿プリント:新商品を洗濯した時、水に余った染料が残る可能性がありますが、それはよくある現象ですから、染めないように他の衣装と一緒に洗濯しないてください。強い日に長く照り付けられなくて内側で乾いたほうがいいです。

フローラルと刺繍:衣装に布を敷いてアイロンする、それとも内側のほうにアイロンをかける。

3ベロア、ビスコース織物、各フロス:水でやさしく洗い流した後、繊維が変形(生地のテクスチャが変形)しないように力を入れてしぼらないてください。洗濯機は乾燥させるために使用することができます。

4合成繊維、化合物の綿生地、合成綿:水の温度が高すぎると、生地は収縮したり粘着したり、それから表面にしわを寄せる可能性がありますから、衣装を温度が35℃以下の水に浸してください。(合成繊維がドライクリーニングしてはいけません)

5、天然繊維、ウール、カシミヤ織物:それらをドライクリーニングしたほうがいいです。水で洗う場合は次の手順で洗濯してください。

(1)衣服の内側を外にしてください。

(2)めちゃめちゃ汚れている場合は、まず35℃の微泡性中性洗剤が溶解していた水に約15~20分浸します。退色しないように酵素といった化学添加剤やシャンプーなどを使わないほうがいいです。

(3)はんだボールやフェルトが出ないように、力を入れてこねないて手で優しくこすったほうがいいです。

 

6、編み物、レース:着ると洗濯する時は、硬いものとの摩擦や尖ったものにフックされたようなことに気をつけたほうがいいです。(例えば、バッグ、ジュエリーや爪などです)

 

7、プリーツのファブリック:洗濯した後、プリーツデザインをなくならないようにそっと衣装にアイロンをかけてください。

8、皮革:特に注意を払わなければならないのは火花のスプラッシュということです。化学物質がついた物体と化学薬液や硬いものとの摩擦や尖ったものにフックされたようなことに気をつけたほうがいいです。(例えば、バッグ、ジュエリーや爪などです)

 

付属品についての注意事項

金属ジッパー:ジッパーをスムーズになるように使用する前と洗濯後はろうそくで磨いてください。使うときは、ゆっくりとジッパーを引いてください。もし衣装はジッパーにはさまれたら、衣装に傷を残らないようにジッパーを少し引き戻してからまた引いてください。

1、 ビーズやスパンコールのついた部分:アイロンをかけるときは、アイロンを直接にビーズやスパンコールに置いてはいけません。アイロンとビーズやスパンコールの間は3cm以上の距離を残し、アイロンの蒸気で繰り返しスプレーしたほうがいいです。刺繍、ビーズ、スパンコールはフックされないようにきをつけて着たほういいです。

2、ブローチと装飾的なバックルなど取り外し可能なアクセサリー:取り外しそれともパックしてから洗濯してください。